脱毛の際、ニキビ痕を気にされている方は少なくありません。しかし実際は、脱毛によってニキビ痕がキレイになったという意見が多く、脱毛はニキビ痕にも効果があるという噂が浸透しています。

というのも、脱毛はレーザーや光を使用しメラニン色素に反応し毛根組織を破壊します。シミや黒ずみはメラニンが関係しているため、レーザーや光に反応し改善するといわれているのでしょう。

そのため、『脱毛目的だったのにニキビ痕もキレイになった』『シミや黒ずみが改善した』という方が多いといわれています。もちろん個人差はありますから、必ずしもすべての人が脱毛で改善するわけではありません。

Vライン脱毛の場合も同じ?

Vライン脱毛でも、レーザーや光を当てるわけですからニキビ痕は改善しやすいでしょう。ただし、一度の脱毛で痕がキレイになるわけではありません。

意外にも多いといわれているVラインのニキビ。下着による摩擦や群れ、セルフケアによって起こるといわれています。ですから、日頃からニキビができないように気をつけることも大切です。

ニキビ治療と脱毛ではレーザーが異なる

レーザー脱毛ではダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどを使用しているところがほとんどです。

一方でニキビ治療には炭酸ガスレーザーやフラクショナルCO2レーザー、光治療などが用いられます。根本的には使用しているレーザがーが違いますので、脱毛したからといって確実に痕が消えるわけではありません。



SBC湘南美容外科