脱毛と乾燥の関係

脱毛をすると、肌が乾燥するという話をよく聞きます。これは、多くの方が経験しているのではないでしょうか。

でもなぜ、脱毛後は乾燥しやすいのでしょうか?また、もともと乾燥肌の方は、脱毛は不可能なのでしょうか?

理由はさまざまです。まず、脱毛によって肌がカサカサしてしまうのは『照射』関係しています。照射はレーザー脱毛とフラッシュ脱毛によって異なりますが、皮膚に一定以上の熱を与えるわけですから、乾燥するのも否めません。

よく紫外線を浴びた後に乾燥する場合がありますが、それと同じような原理と考えておくと分かりやすいでしょう。脱毛だけでなく、カミソリでも乾燥の原因になります。

脱毛後は肌がとても敏感です。小さな刺激でも肌荒れを起こしてしまう恐れがありますので、十分に気をつけましょう。

では、乾燥肌の場合はどうでしょうか?この場合、乾燥によってバリア機能が低下していますから、小さな刺激でも肌がカサカサしやすい状態になっています。当然、その状態で脱毛をすれば乾燥が進行し悪化してしまうでしょう。

VIO脱毛は可能か

乾燥肌による脱毛はリスクを背負いやすいということが分かったと思いますが、VIO脱毛の場合はどうでしょうか?VIOはデリケートゾーンといわれていますから、当然敏感な場所です。

乾燥しやすい肌であればやはりまったく影響がないとはいえません。しかし、肌が乾燥しているからといって、絶対に脱毛できないというわけでもありませんから、これはサロンやクリニックで使用している脱毛機器や冷却ジェルによって異なります。

安全性が高いのは、やはり医療レーザー脱毛でしょう。医師が行っているので安心です。また光脱毛の場合、エステの一種になりますが、医療レーザー脱毛は医療行為のひとつになります。

アフターケアもきちんとしていますし、乾燥や敏感な肌でも安心して施術が受けられるようになっていますので、余程症状がひどくない限りVIO脱毛は可能です。

もちろん、脱毛後はしっかり保湿しましょう。低刺激で高保湿な化粧水をたっぷり塗り、お手入れします。シャワーの温度いも気をつけて。

温度が高すぎると肌に必要な油分を落とし、乾燥を悪化させてしまいます。また脱毛から2〜3日は湯船禁止です。しっかりお手入れすれば、乾燥肌でも施術できるでしょう。

使用する石鹸や下着にも気をつけてくださいね。しばらくは肌にやさしいものを使用しましょう。



エピレ